フリーランス美容師のメリット・デメリットは?【会社員との比較】

美容師向けコラム
スポンサーリンク

こんにちは。

にしげんです。

 

僕はフリーランス美容師として働いています。

今、フリーランスとして働く美容師さん増えてますよね~。

僕も流行りに乗っかってます。ハィ。

 

基本的に美容師は美容学校を卒業した後、会社員として美容室で働くことがほとんどです。

そして、店長になったり、自分のお店を出して独立したり・・・という生き方をしていくわけですが

フリーランス美容師というのはまた少し違った働き方になります。

 

僕は、もともと働いていた会社に対して将来性を感じなくなったこともあり、24歳の時にフリーランスとして働く道を選びました。

 

結論から言うと、フリーランス美容師として働いたことは正解でした。

後悔は全くなく、自由に・そして収入もアップ。

良い事しかありませんでした。

 

しかし、転職というのは怖いですよね・・・。

僕自身、我ながらよく決断できたなぁ.・・・なんて思ったりします。

 

会社を辞める。そして会社員では無くなる・・・

 

いや、怖えよ・・・怖すぎるよ・・・

飯食っていけるのかよ・・・

という不安でいっぱいになります。

僕自身、転職する際はめちゃくちゃググりました。

ほんと、グーグル先生ぇ・・・お願いしますうぅ・・・って感じでした。

 

そんなこんなでフリーランス美容師になったわけですが、その結果知ったこと

そして、僕自身が働いて感じた「フリーランス美容師のメリットデメリット」について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

フリーランス美容師のメリット・デメリットは?

前置きが長くなってしまいましたが、フリーランス美容師のメリットデメリットを紹介します。

その前に、

フリーランス美容師って何なんだい?

っていう疑問を持っている方。

今すぐこちらの記事を読んでください。

そして、再びこの記事に戻ってきてください。

 

フリーランス美容師のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

メリット

休みが自由
出勤時間が自由
自分の頑張り次第でいくらでも稼げる
仕事内容は自分の事だけ
人間関係が気になりにくい
朝礼・レッスン等がほとんど無い

 

デメリット

働かなければ給料はゼロ
確定申告が必要

メリット

パッと見た感じだけでもメリットが盛りだくさんですよね!

そんなフリーランス美容師のメリットを紹介していきます。

休みが自由

フリーランス美容師は基本的に働く時間は自由です。

そのため、週7で働くこともできますし、連休を取るのも自由です。

また、一般的な美容室では休みづらい土・日・祝日も自由に休むことが出来ます

 

僕が良かったと感じたのは、土日休みの友達と気軽に遊べるようになったことですね。

出勤時間が自由

フリーランス美容師は出勤時間も自由です。

そのため、

今日は夕方から予定があるから朝だけ出勤しよう。

とか

前日に飲み会があるから、次の日は昼から働こう。

などを自由に決めることが出来ます。

自分の体調やスケジュールに合わせて働くことが出来るのは最大のメリットですよね。

 

僕の場合は、夜飲み会がある日とかに夕方までのシフトにする。

と言った感じにしています。

自分の頑張り次第でいくらでも稼げる

フリーランス美容師は完全歩合制です。

そのため、働けば働くほど稼ぐことが出来ます。

また、報酬は基本的に日払い制

今すぐお金がほしい!という時にすぐに稼ぐことが出来るのもフリーランス美容師のメリットです。

 

どれだけ働きたくても定休日があるサロンではできないことですよね。

仕事内容は自分の事だけ

美容室で働いていると、自分のお客様意外に、他のスタイリストのヘルプ作業をしたり、掃除や片付けなど色んな業務をします。

しかし、フリーランス美容師は個人で行う仕事がほとんど。

仕事内容は自分の事だけなので、無駄なく働くことが出来ます

 

自分のお客様が終わると、お店の営業時間内でも変えることが出来るお店も多いのも特徴です。

 

自分は終わったけど、お店が終わるまで暇な時間を持て余している・・・といったことが無くなります。

人間関係が気になりにくい

また、一般的な美容室と違い、フリーランス美容師が働く職場は、ほとんどみんなフリーランス美容師です。

そのため、距離感が適度です。

少しドライになりがちで、仲良くなり過ぎることはないかもしれませんが、スタッフ同士の人間関係でギクシャクしたり、揉めることは少ないです。(実際に僕もそう感じました。)

朝礼・レッスンがほとんどない

一般的な美容室と違って、朝礼・終礼・ミーティング・レッスンなどはほとんどありません。

会社行事のようなものがあるところもありますが、強制ではないところがほとんどです。

 

会社行事が苦手な方・レッスンが嫌だという人にとっては嬉しいですよね。

デメリット

メリットだらけのフリーランス美容師ですが、デメリットもあります。

フリーランス美容師になりたい!という人はこの辺もしっかり覚えておきましょう。

働かなければ給料はゼロ

メリットの中でお話しましたが、フリーランス美容師は完全歩合制です。

そのため、働かなければ給料はゼロです。

例えば、ケガや病気で1ヶ月働けなくなった・・・となると、その月の収入は0円です。

 

これってめちゃくちゃ怖くないですか・・・?

これがフリーランス美容師の最大のデメリットであるわけです。

 

しかし、心配する必要はありません。

万が一働けなくなった時のお金が不安・・・という方は、フリーランスの人向けの収入保険に入りましょう。

収入保険とは?

ケガや病気などで仕事が出来ない状態が何日か続いた時(保険の規定による)に、お金を受け取ることが出来る保険です。

掛け金に応じてもらえるお金が変わるので、自分で働けなくなった時はいくらあれば生活できるかを考えて入りましょう。

 

そもそも、会社員だからと言って、病気で休んでいる間も給料がもらえるのか?

と言うと、どうですか?絶対もらえる!!と言えますか?

僕はイマイチ信用していないです。

 

だからこそ、自分で収入保険に加入して働くのをオススメします。

むしろ、会社員の美容師さんも入ってた方がいいんじゃないかなー。

確定申告が必要

 

フリーランス美容師になると「確定申告」という作業が必要になります。

 

確定申告とは?

毎年2~3月に、その前年1年間の自分の収入(いくら稼いだのか)というレポートのようなものを書いて国(税務署)に提出することです。

その提出したレポートを見て、国から○○円税金を払ってくださいねーと言われるわけです。

それに嘘の記載をしたり、申告しなかったりすると「脱税」という違法行為になりますね。

 

確定申告は正直、結構面倒くさいのですが、慣れてしまえばやることは簡単です。

そして、申告の仕方次第では、会社員の時よりも支払う税金をかなり安くすることもできます

 

僕はフリーランスになってからの方が収入は増えましたが、支払う税金は安くなったので、確定申告というのはむしろメリットになっています。

 

フリーランス美容師の働き方

フリーランス美容師として働く環境は大きく3つあります。

・業務委託サロン

・面貸しサロン

・シェアサロン

 

聞いたことがあるかもしれませんが、この3つのサロンの違いについて紹介していきます。

また、フリーランス美容師になろうと思っている方にとって、どんな人にオススメのサロンかどうかも解説していきます。

業務委託サロン

 

業務委託サロンとは、大まかな形は一般的な美容室と一緒です。

しかし、一般的なサロンと違うところは

出勤時間・休日が自由
給料体系は完全歩合制

ということです。

 

業務委託サロンとは、フリーランス美容師とお店が契約書を交わし、そこで働かせてもらう美容室です。

給料体系は完全歩合制で、売り上げの40%~50%を報酬としてもらえることが多いです。

 

材料費などもかからないところがほとんどで、普通の美容室のような感覚で使用することが出来ます。

 

集客はホットペッパービューティーなどを使ってサロン側が行ってくれるので、持ち客がいない美容師さんは絶対にここで働くべきです。

 

とにかく稼ぎたい!どこへ行けばよいか分からない・・・という方へ。

とにかく迷ったら、まずは業務委託サロンに転職しましょう。

面貸しサロン

 

面貸しサロンは、業務委託と同じく、お店と契約書を交わして、そこで働かせてもらう美容室なのですが、

 

大きな違いは、

自分で集客する。ということです。

 

サロン側からお客様を集客してくれません。

その代わり、売り上げに対する歩合が60~70%と高めになっています。

 

自分の持ち客がいる美容師さんや自分で集客ができる美容師さんは面貸しサロンがオススメです。

シェアサロン

シェアサロンというのは、好きな時に好きな時間だけスペースをレンタルするサロンです。

面貸しサロンと一緒で、自分で集客する必要があります。

 

30分単位で利用できるサロンが多く、自分の好きな時間だけ働けます。

漫画喫茶のような感覚で利用できます。

そのため、場所のレンタル代だけ払えば、あとの売り上げはすべて自分の収入になります。

 

例えば

30分700円で借りられるお店の場合

2時間お店をレンタル。そこでお客様をカットカラーして10000円もらった場合

10000円ー2800円(2時間のレンタル代)=7200円

が収入になります。

 

そのため、無駄なく働くことが出来ます。

しかも単価次第ではめちゃくちゃ稼げるんですよね~

 

また、時間貸しだけでなく、月額制で一か月単位でお店を借りることもできます。

 

面貸しサロンと同じく、自分のお客様がいる・集客できるという美容師さんにオススメです。



 

会社員として働くメリット

こんなこと言ったらフリーランスのほうが良くないですか?

って思う人がほとんどだと思います。

実際に僕はそう思うんですが(笑)

 

しかし、決して会社員が悪いというわけではないです。

会社員には会社員なりのメリットがあるので紹介していきます。

会社員のメリットは本題から少し反れるので、サクッと紹介していきます。

 

会社員のメリット

・基本給がある

・会社の保険・福利厚生が適用される

・アシスタントを使える

・会社行事やイベントごとが多い

・有名店の場合は、自己ブランディングしやすい

 

こんなところでしょうか。

フリーランス美容師は基本的に自分一人で仕事するので、仕事量や売り上げに限界もあります。

そして、ちょっと寂しい部分もあるのかな?

フリーランス美容師は、チームプレーというものがあまりありません。

和気あいあいと過ごしたい美容師さんは会社員として働く方が楽しいと思います。

 

結局、フリーランスと会社員で働くの、どっちが良いの?

結論、僕はフリーランス美容師をオススメしています。

しかし、働き方や自分がどうやって生きたいかによって様々なので、どちらで働くのが正解というのはありません。

 

最後に、フリーランス美容師として働く方がオススメな人をまとめてみました。

  • すぐに月収30万円以上稼ぎたい人
  • パートタイムなど・自由に働きたい人
  • 友達や知り合いだけカットしたい人
  • 自由な時間で働きたい人
  • 無駄が嫌いな人

こういった人は、フリーランス美容師になったほうがきっと楽しめると思います。

 

美容師という仕事は、やりがいがあってとても楽しい仕事です。

しかし、その美容師の仕事を楽しいと思えなくなってしまったら「終わり」だと思っています。

だからこそ自分の好きなように生きてみましょ!

僕は自分の選択に後悔していないし、毎日楽しんでいます!

コメント

  1. […] フリーランス美容師のメリット・デメリットは?【会社員との比較】 […]

タイトルとURLをコピーしました