生え際の気になる白髪を簡単・キレイに染める方法【Tゾーンカラー】

ヘアケア
スポンサーリンク

 

こんにちは!

にしげんです。

 

白髪がすぐに伸びてくるのが気になるけど、毎回美容院へ行くのは大変・・・

家で伸びた部分だけ白髪を染めたい・・・

という方へ。

 

今回は、伸びてきた白髪を家で簡単・キレイに染める方法を紹介します。

 

本記事の内容

  • 家で簡単・キレイに白髪染めをする方法
  • 時短で染めたい人・しっかり染めたい人のための便利グッズ
  • オススメのカラー剤
  • Tゾーンカラーの注意点

 

この記事を読んで頂くことで、家出の白髪染めをより簡単・キレイに染めることができるようになります。

 

スポンサーリンク

家で簡単・キレイに白髪染めをする方法

 

家で簡単・キレイに白髪染めをする方法は

Tゾーンカラーという方法です。

 

Tゾーンカラーって?

 

顔周りやトップ・トップの分け目など、気になる部分だけを染める方法。

 

白髪が気になるところだけをピンポイントで染めるので、時短しながらダメージも最小限に染めることができます。

 

Tゾーンカラーはサクッと手軽に気になる部分をカバーできるるのが最大の特徴。

 

簡単でダメージも最小限。

セルフカラーする方は是非お試しください。

 

Tゾーンカラーはこんな人にオススメ

 

  • マメに髪を染める(1ヶ月以内に1回以上)
  • セルフカラーすることが多い
  • 染めるのが苦手
  • 染める時間を短くしたい
  • 髪の痛みが気になる

 

Tゾーンカラー
  • 5分程度で塗り終わる
  • 使う薬剤が少ない
  • ダメージが少ない
  • 染めるのが簡単
全体染め
  • 塗るのに20分ほどかかる
  • 1箱使い切る
  • ダメージが多い
  • キレイに染めるのが難しい

 

1ヶ月に1回以上染める人はTゾーンカラーがオススメです。

 

Tゾーンカラーで使うカラー剤は通常の白髪染めと一緒です。

 

Tゾーンカラーの場合、1回で使用する量が少ないので、繰り返し使用できるタイプのカラー剤がコスパ良いです。

 

ホーユーのシエロシリーズは専用のハケが非常に使いやすく、部分染めが簡単にできます。

 

そして、残った薬剤はそのまま繰り返し使えるのでコスパ抜群

 

 

 

 

染めていないところが伸びてきた時はどうすればいいの?

数ヶ月に1回全体染めをしましょう。

 

Tゾーンカラーはあくまでメンテナンス感覚で思っておくのが良いでしょう。

 

 

2,3ヶ月に一回全体カラーをする人は、

その間、Tゾーンカラーでメンテナンスする。

といった感じです。

 

他にもオススメのカラー剤はコチラの記事で紹介しています。

 

キレイに白髪を染めるためのオススメアイテム

 

Tゾーンカラーは一般的な白髪染めで染めれば良いです。

 

しかし、今はTゾーンカラーをより簡単にできる様々なカラー剤が販売されています。

 

今回は2つおすすめアイテムを紹介します。

 

  • とにかく時短・お出かけの時だけ染めたい人
  • 美容院のような仕上がりが良い!しっかり染めたい!

 

 

時短・お出かけの時だけサクッと染めたい

 

Tゾーンカラーとはいえ、自分で染めるのはやっぱり怖い・・・とか面倒・・・

お出かけの時に気になるところだけ染めたい!

という方にオススメなのが「ヘアカラー用マスカラ」です

こういったものを使うと、気になるところだけを塗ってそのままお出かけできます。

約1分もあれば塗れるので簡単・便利です。

 

メリット

めちゃくちゃ簡単・スピーディーに染めることができる

持ち運びできるので、どこでも染めることが出来る

 

デメリット

シャンプーすると取れる

染まりがやや悪い

髪の毛が固まってパリッとする

 

こういったポイントカラー・マスカラは今、大人気になってきています。

 

その中でぼくが自信を持ってオススメする商品が

「スロウ ヘアカラー コンシーラー」

 

 

コンシーラータイプのものってすごく珍しいんですよね。

 

そして、このコンシーラーがめちゃくちゃ塗りやすいんです。

 

30秒もあれば塗れます。

手もほとんど汚れません。

 

パッケージもオシャレなので、カバンに1つ入れてると安心です。

 

 

美容院クオリティーでしっかり染めたい

 

市販のカラー剤を使うのは不安・・・

自分の髪色に合ったカラー剤が分からない・・・

 

という方にオススメなのが

「オルディーブ シーディル インターバルRC」

 

美容室専売品のメーカーとして有名な「ミルボン」が作ったホームカラー剤です。

 

 

Tゾーンカラーに特化したカラー剤で

セルフカラーするためのセットが全て揃っています。

 

 

美容師さんが使っているカラー剤と同じ成分で

  1. 安心・安全
  2. しっかり染まる
  3. 髪に優しい

というメリットがあります。

 

デメリットとしては

値段が高い

美容師さんに一度聞かないと自分では色を選びにくい

 

という事です。

 

明るさ・色味から選ばなければいけないのですが、いつもカラーをしてくれている美容師さんに相談すれば

どの色のものを使えばいいか教えてもらえます。

 

値段よりも美容院のようなクオリティにこだわる方はこのタイプを使うのがオススメです。

 

 

キレイに染める方法

 

Tゾーンカラーで気を付けることって何かありますか?

Tゾーンカラーも通常のカラーと一緒で、キレイに染めるポイントがあります。

 

Tゾーンカラーをキレイに染めるためのポイントは4つ

 

  1. 顔周りに薬が残らない様に保護する
  2. たっぷりと薬を塗る
  3. しっかりラップする
  4. 温かいところで25分ほど時間を置く

 

基本的にこの4つのっポイントさえ押さえておけば、カラー剤の効果を最大限に発揮できてキレイに染まります

 

 

顔周りはしっかりと保護しましょう

白髪を根元までしっかり染めたい方で最も気を付けたいのが、

髪の毛と一緒に地肌まで染まってしまう

そうならないように、「保護クリーム」を塗っておきましょう。

 

サボニーズの保護クリームは少し高いですが、大容量で1度買えば2年くらい持ちます。

地肌はしっかりと保護しますが、髪の毛についても髪は染まるので安心。

 

保護クリームが無い・・・

という方は、「ワセリン」などを塗る方法もあります。

 

※染まりが悪くなる可能性があるのでつけすぎ注意です。

 

マメにカラーをしていて、肌が染みる・・・かゆくなる・・・

という方は頭皮用の保護クリームを使いましょう。

 

サボニーズの保護クリームは非常に効果が高く、しっかりと頭皮を保護しながら髪の毛はキレイに染めてくれます。

染みやすい方は必須のアイテムです。

 

 

 

まとめ

 

今回は白髪を簡単・キレイに染めるための方法「Tゾーンカラー」について紹介しました。

 

自宅だけでなく、美容院でも「Tゾーンカラー」というメニューああるほど、人気になっています。

 

ただ、個人的にはTゾーンカラーというのはメンテナンスとして時短でカラーをする方法だと思っているので

わざわざ美容院へ行くよりも、自宅で染めるほうがコスパ良いと思っています。

 

どうせ美容院で染めてもらうなら全体染めてほしいですよね

 

そのためには

●自分の今の髪色に合ったカラー剤を使う

●正しい染め方をする

 

この2つを徹底しましょう。

 

ホームカラーでこの2つができていないと、そもそもキレイに染まりません。

 

そして、キレイに染まっていない状態の髪を美容院で修正するのは難しいことがあります。

 

例えば、ムラになった時に美容院で修正するためには、何度も染める必要があります

 

そうなると結果的にお金がかかったり、髪が痛むことがあります

 

ホームカラーについて分からないことや不安があれば美容師さんに相談しましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました