手軽に髪の毛を早く乾かす方法・グッズまとめ【美容師の時短テク】

ヘアケア
スポンサーリンク

 

こんにちは!

にしげんです。

 

髪の毛って乾かさないとあまり良くないらしい・・・

けど、乾かすのってめんどくさい

そう思いませんか?

ぶっちゃけ、男のぼくでもめんどくさいと思います。

 

実際、髪の毛は乾かさないと

  • 頭皮環境が悪くなる
  • 臭くなる
  • 髪の毛が痛む

といったデメリットがあります。

 

そこで!今回は髪の毛を早く乾かすための方法を紹介します!

 

こんな人にオススメ

  • 髪の毛を早く乾かしたい
  • 髪の毛を乾かす時のストレスを減らしたい
  • なかなか髪の毛が乾かない

こういった人が手軽に時短できる便利なグッズや方法を紹介します。

スポンサーリンク

手軽に髪の毛を早く方法

 

髪の毛を手軽に早く乾かすための方法は3つあります。

 

  • 吸水タオルを使用する
  • 大風量ドライヤーを使用する
  • 速乾スプレーを使用する

 

まぁ・・わりと当たり前なことを書いていますが・・・(笑)

詳しく解説していきます。

 

吸水タオルを使用する

まず一つ目は吸水タオルを使うことです。


いやいや、タオルを変えるだけでそんなに変わらんでしょ!!

って思っている方。

大間違いです!!!

 

普段使っているタオルにもよりますが、吸水力の高いタオルを変えるだけで髪を乾かす時間を3分の1程度は短縮できます!!

 

また、タオルで水分を取るという事は、熱の力を使わずに水分を取るという事。

つまり、髪の毛に余分な熱ダメージを与えないのです。

 

結果的に

髪のダメージ予防=キレイな髪

になるのです。

 

特に

  • 髪が長い人
  • 髪の量が多い人

は特に効果を実感できるので、まずタオルを変えましょう。

 

マイクロファイバータオルはめちゃくちゃオススメですよ!

 

他にも、テレビなどで紹介されて話題になった「エアーかおる」もオススメ

 

このあたりのタオルの吸水力はヤバいです!

ぶっちゃけ、ぼくの場合はタオルドライだけでほぼ乾いています(笑)

 

大風量ドライヤーを使用する

タオルと同じくらい重要なのが、ドライヤーです。

 

最近のドライヤーは風量が強いものが増えてきました。

 

風量の強いドライヤーといえば、「ダイソン」のドライヤーなんかは有名ですね。

 

風量の強いドライヤーを使うことで髪の毛は格段に速く乾きます。

 

また、最近のドライヤーは風量が強くても風が熱くないものが多いのです。

そのため、乾かす際のストレスも軽減されます。

 

個人的にオススメなのは「ホリスティックキュアドライヤー」です。

 

大風量で「育成光線」という効果により髪の毛を内側から保湿しながら速乾してくれるドライヤーです。

値段も機能性の割に安くて保証サービスも神レベルです。

 

通常のドライヤーの6割の時間で乾く!という謳い文句で売りの速乾&美髪ドライヤー

詳しくはコチラの記事で紹介しています。

 

速乾スプレーを使用する

  1. タオルも変えた!
  2. ドライヤーも変えた!!
  3. それでもさらに早く乾かしたい!!

という方は、「速乾スプレー」を使いましょう。

 

 

このスプレーを髪に振るだけで髪が乾くのが早くなります。

 

スプレーの成分に速乾性のあるものや揮発促進効果で水分が蒸発しやすくなるそうです。

 

人によっては乾かす時間が半分くらいになったという声も聞きます!

 

スプレーを使ったせいでパサパサにならないの??って思う方もいるかもしれませんが安心してください。

 

このスプレーは、単に髪の毛を早く乾かすだけではなく、

保湿成分や油分も入っているので、乾いた髪には艶ツヤとまとまりが出てくれます。

 

髪を早く乾かすのと同時にヘアケアもできちゃうんですね~。

画期的!!

 

速乾シャンプーは効果あるの?

余談ですが、速乾シャンプーも最近登場しましたね。

「エッセンシャル」などが有名ですが、CMを見て気になったので購入して使ってみました。

 

個人的な感想としましては、

そんなに変わらない気がしました(笑)

 

髪の毛の質感はツルっとします。

パサパサになるわけではないのですが、どこか柔らかさが無い感じ。

 

まあなんせあまり効果を期待し過ぎないほうが良いかもしれませんね。

 

乾かすのが遅くなる?!NG行動

髪の毛を早く乾かす方法を紹介しましたが、次に

髪の毛が乾くのが遅くなってしまう可能性がある!!

といったNG行動を紹介していきます。

 

トリートメントの付け過ぎ&洗い流し方

 

最も典型的な例ですが、トリートメント(特にしっとり系のもの)を付け過ぎると乾かすのが遅くなります。(当然の話ですが)

 

トリートメントというのは、髪の毛の内部に浸透する量は限られていて、それ以上付けても髪の表面にムダにまとわりついてしまいます

この状態では髪の毛が乾きにくくなります。

 

また、トリートメントを付けた後に洗い流す時の「すすぎ」が不十分な方も多いです。

 

流し過ぎたらトリートメントが剥がれそう・・・

という気持ちは分かりますが、よほどんの事が無い限り流し過ぎることは無いです。

 

トリートメントを付ける量は、あくまでパサつきが無くなる程度に。

そして、ある程度しっかり流しましょう。

 

アウトバストリートメントの付け過ぎ

乾かす前に付けるトリートメントにも同じことが言えます。

特にオイルタイプのものは、名前の通り「」です。

付け過ぎると髪の毛が乾かなくなります

 

その状態で必要以上にドライヤーを当ててしまうと、乾いたころには熱ダメージでパサパサになっていることも・・・。

 

アウトバストリートメントは
お風呂でトリートメントを付けたけど、まだパサつきを感じる

 

という場合に使用しましょう。

 

また、パサついているところ(主に毛先や表面)をメインにつけましょう。

 

乾かす前に付けるトリートメントは「オイル」タイプよりも「クリーム(乳液)」タイプが付けやすくてベタつきにくいのでオススメです。

 

乾かしてからつけるのもオススメですよ。

髪の毛の乾かし方

髪の毛の乾かし方も重要になってきます。

ロングの人になればなるほど、毛先だけが乾いてきて根本が乾いていない・・・という人が多いです。

 

髪の毛は痛んでいる毛先や表面が乾きやすいので

乾かす時は根本・髪の内側から乾かしましょう。

 

そうすることで、根本や髪の内側から乾かしているうちに自然と毛先や表面も乾いてくるのです。

 

その方が時短になるし、綺麗に乾かせます。

 

まとめ

今回は髪の毛を手軽に早く乾かす方法について紹介しました。

 

タオルを変えたりドライヤーを変えたり、スプレーを買ったり・・・

めっちゃお金かかりますやん・・・。

と思う方も多いかもしれません。

 

しかし、ドライヤーなんて特にそうですが

買ってしまえば

毎日・そして何年も使うものです。

 

毎日5分~10分くらい短縮できれば、1年で相当の時間短縮が出来ます

その時間があればもっと有意義な毎日を過ごせる気がしませんか?

 

オマケに頭皮や髪の毛は臭わない!そしてキレイになるわけです!

 

まずは時短というヘアケアをやってみるのはいかがでしょうか?

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました