中途半端な覚悟ではダメ!美容師になると大変な理由【美容師の経験談】

美容師向けコラム
スポンサーリンク

こんにちは!

にしげんです。

 

美容師になりたい!!

美容師さんは資格があるからいいかもね〜。

うん!華やかでかっこいい仕事だし、とりあえず美容師をやってみたいな!

 

ちょっと待ったぁぁぁぁぁ!!!!

そんな簡単に美容師目指しちゃダメですよ!ダメ!!

マジで人生損しますよ!

 

えぇ・・・!?!?

 

美容師は思っているより遥かに大変です。

 

拘束時間も長いし収入も低い仕事です。

 

そこで、今回はそんな美容師である僕が、

美容師になると大変だと痛感したこと

そして、それでも美容師を続けている理由

をまとめてみました。

 

 

本記事はこんな人にオススメ

  • 美容師に興味がある人
  • 美容師になってみたいと思っている人
  • 美容師をしているけど結婚や将来のことを考えている人
  • 美容師を辞めようか悩んでいる人

 

これから美容師になろうと思っている人は、本当にそれでいいのかを見つめ直すことができるので、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

スポンサーリンク

中途半端な覚悟ではダメ!美容師になると大変な理由

NG レッドカードを持つ女性

 

美容師ってそんなに大変な仕事なの?

結構楽しそうなイメージもあるけど・・。

 

 

確かに楽しいですよ!

ぼくは本当に楽しいと思いながら毎日働いています!

 

しかし、残念ながら大変なのもほんとです。

 

美容師になると大変な理由はたくさんありますが、主に5つ紹介します。

 

美容師になると大変な理由

  • 低年収
  • お金がかかる
  • 離職率が高い
  • 結婚できない
  • 将来性がない

 

 

低年収

収入格差

まず一つ目の理由は年収。

働く上でお給料というのは非常に大事ですよね。

どんなに楽しいと思っている仕事でも、給料が安ければ続けていくのが辛くなります。

 

美容師の平均年収は約300万円と言われています。

一般的なサラリーマンの平均年収が400万円と言われているので、それより100万円も安いわけですね。

 

美容師は歩合制のところが多く、給料は人それぞれで大きく異なります。

稼いでいる人は1000万円以上の人もいますし、見習いの頃は200万円ほどの場合も・・・。

 

 

お金がかかる

貯金

美容師になって髪を切れるスタイリストになるまでは200万円〜300万円は必要でしょう。

たけぇですよね・・。

 

まず、美容師になるには「美容師免許」が必要になります。

その美容師免許を取得するため、専門学校へ行くと、教材費などもろもろで100万円〜200万円ほど。

 

さらに、美容師になってからもお金がかかります。

美容師の持っているハサミやクシなどの道具は基本的に自己負担です。

ハサミは1丁10万円ほどするので、結構な金額になります。

 

カットなどの練習をするために必要なマネキンを買うお金も自己負担。

 

これが結構キツイんですよね・・。

マネキンもなんだかんだで30体くらいは買うんじゃないかな・・・。

正直、アシスタント(見習い)の頃はほとんどお金がなかったなぁ・・。

 

 

最近は学費の安い専門学校や、スタイリストになれるまでの期間が短い美容室も増えてきているので、もっと安く済むでしょう!

 

離職率が高い

辞表

美容師は離職率がめちゃくちゃ高いです。

 

専門学校を卒業した美容学生。

そんな彼らが20歳から美容師を始めて、30歳になった頃に美容師を続けているのは3分の1以下だと言われています。

 

 

実際、ぼくはもうすぐ30歳になりますが、美容専門学校の同級生で美容師を辞めた人はかなり多いです。

そもそも、専門学校の時点で200人中40人ほど辞めてましたね・・。

 

 

美容師の仕事が続かない理由
  • 拘束時間が長い
  • スタイリストになるまでに時間がかかる
  • 人間関係がしんどい
  • 手荒れや腰の痛み等により仕事ができなくなる

拘束時間が長い

仕事時間

美容師の1日あたりの拘束時間は10〜12時間ほど。

一般的な会社員と比べて圧倒的に長いのです。

それに、昼休憩もほぼ無し。

週休は1日。

1ヶ月6日休みの美容室が多いようですね。

一般的に見てみれば、「いや、それでも休みすくねぇよ!!」って感じですよね。

さらに、会社行事や講習会などで休日も丸1日潰れてしまうことも多々あります。

 

ぶ、、、ブラックゥぅぅぅ・・・。

 

会社によりますけどね。

最近は働き方も徐々に見直されてきてます。

とはいえ、基本的にはブラック寄りだと思ってていいでしょう。

 

 

スタイリストになるまでに時間がかかる

ヘアカット

美容師になると、アシスタント(見習い)から始まり、シャンプーやカラー・カットを勉強します。

そして、スタイリスト(髪を切れる人)になれるわけです。

そのスタイリストになるためにかかる時間は平均で3年ほど。

美容師になったと言っても、お客様の髪の毛を切れるようになるには3年かかっちゃうんですよね。

スタイリストになるため仕事が終わってから夜遅くまで練習するわけですが、その修行期間がキツくて辞める人が多いんです。

 

美容室によってスタイリストになれるまでの期間は様々。

長ければ10年ほどかかるところもあるそうです。

やべぇですよね、、。

 

最近は集中して技術を教えてくれ、1年ほどでスタイリストになれる美容室も増えてきたようですね。

 

人間関係がしんどい

ストレス ノルマ 責任

 

美容師という仕事は

毎日同じスタッフ・同じ空間で働き続けるので、人間関係がしんどくなりがち。

 

また、指名が多いか・売上が多いかという数字の世界でもあるので、どうしても他のスタッフと比べてしまい確執を生んでしまうことも

その結果、店長や先輩がイヤだと言ったり、自分に自信を無くして辞める人が多いです。

 

 

手荒れや腰の痛みにより仕事ができなくなる

手荒れ

美容師の仕事が大好きでも、こういったことが原因で泣く泣く辞める方もいます。

皮膚科や整形外科などに通いながら続けている美容師さんもいますが、とても大変です。

 

こればかりは自分の体質や働き方の問題なので、難しいところですね・・・。

手荒れに関してはシャンプーやカラーをしない、カット専門店で働くという方法もありますよ。

 

結婚できない

一人

美容師の仕事は拘束時間が長く、家庭の時間との両立が難しいのです。

また、仕事柄チャラいイメージがあるのも難しいポイント。

 

意外とぼくみたいに清純派の美容師も多いですよ、ハィ。

ぼく自身、妻子持ちですが、帰る時間も遅く休みも少なめなので家族にはすごく負担をかけてしまっていますね・・・。

結婚している美容師さんもたくさんいますが、定時上がり・週休2日で働いている方と比べたりしない方が良いでしょう。

 

将来性がない

老後 将来

あまり60歳以上の美容師って見たことなくないですか?

美容師の定年は40〜50歳が平均。

そうならないために独立して自分のお店を出す方もいますが、長く続けるのが難しくなってくるのは事実。

働く場所が全くないわけではないですが、体力的にも年齢と共に厳しくなっていくのです。

 

 

それでも僕が美容師を続けている理由

これだけ美容師になると大変ということを書いてきましたが、それでも僕が美容師を続ける理由は3つあります。

 

ぼくが美容師を続ける理由
  • 単に仕事が楽しいから
  • 毎日勉強になる
  • 自由な働き方ができる

単に仕事が楽しいから

美容師 カウンセリング

3つの理由のうち、最も大きな理由です。

めちゃくちゃ楽しいんですよねー、美容師の仕事って。

お客様の悩みを解決して、素敵な姿になってもらって、喜んで帰っていただく。

最高ですよ。

喜びの声をいただいたら「やっててよかったぁぁあああ!!」ってなります。

とにかくやりがいのある仕事です。

 

また、給料に関しては基本的に歩合制。

そのため、自分の実力次第で稼ぐこともできるのです。

頑張れば頑張った分だけお金になる。

シンプルでわかりやすい仕事です。

 

とにかく安定が欲しい!という人にはオススメできませんが、僕にとってはこの働き方の方が、頑張ろう!!という気持ちになるので楽しいですね。

 

 

毎日勉強になる

ノートとペン

美容師という仕事は幅広い年齢層のお客様を長時間接客します。

そのため、様々な職種・環境・価値観を持ったお客様のお話を聞けるんですよね。

 

いろんな仕事についての知識やお得な情報・悩み相談など・・

他にも、子どものお客様からも今流行っているゲームや漫画のことを聞けたりと

毎回お話しする度にそれが勉強になるのです。

 

自由な働き方ができる

これはフリーランスで働いているから、というメリットになりますが

僕は基本的にお休みを取るのは自由です。

  • 何日働いてもOK
  • 何日休んでもOK

なんせ働いた分がそのままお給料になりますよ!って言うのがフリーランス美容師です。

最高じゃないですか?

 

フリーランス美容師については下記のリンクを参考に

 

先ほど、家庭の時間との両立が難しい・・・と書きましたが、フリーランス美容師になると、家庭に合わせた働きかたもできますよ!

 

 

まとめ

今回は美容師になると大変な理由について解説しました。

美容師になると大変な理由

  • 低年収
  • お金がかかる
  • 離職率が高い
  • 結婚できない
  • 将来性がない

 

美容師になろうと志す人にとって、知っていて欲しいのが、決して華やかな業界ではないということ。

 

美容師になるな!!

と言っているわけではありません。

実際に辞める人が多いので、美容師になりたいと思った方にこれだけ大変なことがあるということを知った上で美容師の道を進んで欲しいと思ったので今回の記事を書きました。

 

 

ぼくは華やかな世界だけを想像して入ったので、最初のころは特に大変だと感じていました。

実際に美容師を辞めた友人も数多くいます。

 

 

この記事を読んで、

美容師ってやっぱり大変そうだし・・やめておこう

と思った方は、美容学校に行く予定だった時間やお金を自分の成りたいこと・やりたいことのために投資すれば良いと思います。

 

記事を読んだけど。それでも自分は美容師になりたい!!

そう思った方は全力で美容師を目指して勉強して毎日楽しいと感じながら働いて欲しいと思います。

 

僕にとって美容師という仕事は天職だと思いますし、これからもずっと美容師を続けるつもりです。

 

美容師という仕事は本当に素敵な仕事です。

本当に好きな気持ち・やってみたい気持ちがあればぜひ美容師を目指してください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました