美容室での会話はしんどい・面倒【美容師の接客に疲れない対策方法】

未分類
スポンサーリンク

こんにちは。

にしげんです。

 

美容室に行くのが嫌な人って結構多いんですよね。

美容室にいったら美容師と色々しゃべらないといけない・・・

ゆっくりしたいのに・・・

無言も気まずいし・・・とはいえ、会話のネタに困る・・。

 

こういう理由で美容室へ行くことがイヤだという方、結構多いです。

ぶっちゃけ、ぼくもイヤでした(笑)

 

今でこそ、知っている美容師さん・友達にカットしてもらったりするから何も気まずいとか無いんですけど。

 

まあなんせ美容室での会話はしんどいですよね。

 

今回は美容室でよくある嫌な会話パターンとその対策方法を紹介していきます。

 

本記事の内容
  • 美容室でよくある会話が嫌な理由
  • そういった会話の対策方法
  • どうすれば美容室が楽しくなるのか

この辺りについて書いています。

 

まずは、美容室へ行って、どういった時に「しんどい・・。」「めんどくさい・・。」

と感じるのかを紹介していきます。

 

対策方法を早く知りたいという方は目次で「会話に疲れないための改善方法」

スポンサーリンク

美容室でのしんどい会話

 

お客様から聞く、美容室での会話に疲れるのにはどんな原因があるのかをまとめてみました。

 

こんな時に疲れる!美容室の会話

  • 必要のない会話
  • トリートメントや商品の提案
  • サロンでの声掛け
  • 隣の席での会話
  • シャンプー中の会話

 

言われてみると

「確かに!!!」

と感じる人もいるのではないでしょうか?

 

実際にぼくも「めんどくさいなぁ」と感じたことがあります。

それと同時に、自分もたまにこういう事やっちゃうなぁ~なんて思ったり・・。(反省)

 

人それぞれ思う事は違うかもしれませんが、実はこういった事が「美容室へ行くのが嫌」な理由になっていたりします。

必要のない会話

美容室ってほんと「必要のない会話」が多いですよね~。

初対面なのにガツガツ

趣味は?

とか

なんのお仕事をしているんですか?

とか

休みの日はどうしてるんですか?

とか

 

いや、それ聞く意味あります??

 

みたいなね。

それにそういった質問に答えたら答えたで

「へぇ~、そうなんですね~。」

「・・・・・」

 

「・・・・・・・」

 

 

いやいやいや!!

会話終わりかい!!

じゃあなぜ聞いた??うん?興味ないんか?おい!!!

ってなりますよね。

 

これは正直、美容師側に問題があります。

 

そもそも、お客様の反応を見て必要のない会話をしてはいけないのですが・・・。

単純に美容師側のトーク力の問題ですよね。

 

根本的な解決方法は

「美容師側がもっとお客様に対して興味を持つこと」

になるのですが、その辺はまた美容師向けコラムでも書いてみます。

 

お客様側は何か対処法はないのか?

というと、

  • ふてこい態度をとる
  • 雑誌を読む
  • スマホを触る

といった方法でしょうか。

 

話したくない・話が面白くないと感じた時は

遠回しに「あなたと会話したくない」アピールをするのが賢明です。

 

トリートメントや商品の提案

特に女性の方に多いと思いますが、

美容師さんからトリートメントなどを勧められたことはありませんか?

ほぼ100%の人があると思います。

 

あれ、嫌ですよね。

押しが強いとなかなか断れない・・・

といった意見や

断った後の空気感がイヤ

という人も多いです。

 

しかし、必要のないものはキッパリと断りましょう

 

断っていれば、次回来た時も同じものを勧められることは無くなっていきます。

 

それでも何度も勧められていて鬱陶しいようなら、思い切って美容室を変えましょう

 

サロンでの声掛け

美容室は数多くありますが、その中でも体育会系の美容室や大手のチェーン展開をしている美容室に多いのが

「声掛け」

です。

シャンプーへ行くたびに

「お疲れさまでしたぁーー!!」

 

戻ってきても

「お疲れさまでしたぁーーー!!」

 

カットが終わると

「お疲れさまでしたぁーーーー!!!」

 

・・・・いや、疲れてねぇし!!

ってなりませんか?

 

これはお店の文化なので、やっているところと無いところがあります。

決して悪い事でもなんでもないのです。

 

合う・合わないの問題なのですよ、ハィ。

個人的には要らないと思っています(笑)

 

もうね、これが嫌な人は美容室を変えちゃいましょ。うん。

 

となりの席での会話

サロンの声掛けと同じく、ある意味どうしようもないのが、隣の席での会話だったりします。

となりでギャーギャーしゃべられていたり、

悪口や下ネタなどを大きな声で話されていたら不快に感じることもありますよね。

 

美容師側が配慮すべき問題でもあるのですが、

お店の雰囲気にもよります。

 

これに関しては、対処方法が特にないのです・・・。

 

強いて言うなら、

  • 雰囲気的に落ち着いた美容室を選ぶこと
  • 隣の席との距離のある広い美容室を選ぶこと

でしょうか。

 

最近はプライベート感を出すために、個室のある美容室も増えてきています。

それは、こういった不満を持っているお客様が増えているからということが背景にあったりするからなんです。

 

シャンプー中の声掛け

 

シャンプー中に話しかけられるのは嫌ですよね。

 

ただでさえ顔を塞いでいて喋りづらいのに

「お湯加減は大丈夫ですか?」

「かゆいところは無いですか?」

と聞かれても答えにくい・・・というか全然大丈夫です!!

って人も多いみたいです。

 

 

すいません。ぼくもめちゃくちゃ聞いてます。(笑)

いや、一応礼儀としてね・・・。(反省)

 

 

ただ、お客様側から話しかけてこない限りはシャンプー中は余計な話はしない様にしています。

 

もし、シャンプー中に話しかけてこられても

「寝ているフリ」

してていいですよ。

そうしたら美容師側も話しかけません。

 

それに、寝てくれているっていうことは

リラックスしてくれているんだな~

と美容師側も思い、嬉しい気持ちになります。

 

返事しなくても美容師側は何も悪い気はしません。

話したくないときは、相槌だけするとか、無視しちゃってください。(笑)

会話に疲れないための改善方法

こういった会話に疲れないように改善するのはとても難しいんです。

そんな中、オススメの方法は

 

ホットペッパービューティーのネット予約を利用することです。

 

ホットペッパービューティーの予約画面には、接客に関する要望を書く・チェックするところがあるのです。

 

そこに「静かに過ごしたい」という項目があるので、そちらにチェックしましょう。

 

それだけでも美容師さんが「あまり話しかけないようにしよう・・・」

という対応をしてくれます。

 

他にも、スマホや雑誌を読んだりして会話に興味が無いように見せるのも一つの方法です。

 

しかし、それでも話しかけてくる空気の読めない美容師さんに出会ってしまった時はあきらめましょう(笑)

 

結論:素敵な美容師さんに出会いましょう

根本的に会話に疲れなくなる方法はないのでしょうか?

 

結論をいうと

自分のお気に入りの美容室・美容師さんに出会う事

です。

 

要は、美容室・美容師さんとの相性が良ければ問題なし!という話なんです。

友達のような関係になれたら、会話をするのも沈黙の時間も気になりにくくなりますよね。

 

何でも言えるような関係になるのが理想的です。

 

そのために、「その美容師さんを好きになりましょう」とか「そういうサービスだと思いましょう」

とかメンタル的なこと言っているわけではないですよ。

 

そういう美容師さん・美容室を探すのです。

 

美容室は今、コンビニより多いと言われています。

自分の家の近くだけでも結構な数の美容室がありませんか?

 

美容室というのは

「非日常を味わう・リラックスできる・気分転換できる」

そういった場所だと思っています。

 

そう思っているぼくもすべてのお客様を満足させれているわけではないし、(気持ちは全力でやっているのですが)

お客様にとって理想の美容師・美容室というのはひとそれぞれ違うと思います。

 

しかし、探せばきっと自分にとっての理想の美容師・美容室が見つかります。

 

だから、いろんな美容室へ行ってみましょう。

我慢しながらイヤイヤ同じ美容室へ通い続ける必要はありません。

 

いろんな美容室へ行って色んな美容師さんに施術してもらうことで、新しい発見があります。

 

そして、美容師側は、「理想の美容師さん」と思ってもらえるように接客・技術を頑張らないとですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました