値段の高い美容室と安い美容室の違い【料金設定とサービス内容】

コラム
スポンサーリンク

こんにちは!

にしげんです。

 

美容院ってめちゃくちゃ多いですよね?

 

最近はカット1000円台という低価格の美容室も増えてきています。

 

そうかと思えば、カットで10000円以上のお店もありますよね?

 

 

今回は

 

料金の高い美容室と安い美容室ってなにが違うの?

 

という疑問にお答えしていきます。

 

 

本記事の内容

  • 美容室の料金による違い
  • 美容室のメニュー料金の相場
  • 結局、どの価格帯の美容院がオススメなのか

 

このあたりを解説していきます。

 

スポンサーリンク

料金の高い美容室と安い美容室の違い

美容室によって料金が違うのには主に4つの理由があります。

 

  • 地域
  • お店のコンセプト
  • 施術時間
  • 1人の美容師が切るお客様の数

地域

 

地域によって美容室の価格相場が大きく変わります。

 

都会になればなるほど価格競争が激しくなり、低価格の美容院が増えてきます。

 

逆に、都心部から離れていくと価格競争が少なくなるので料金の高い美容院が増えてきます。

 

 

お店のコンセプト

 

お店の料金設定はそのお店・会社のオーナーが決めます。

 

お店に来る客層をイメージして

 

高級感を演出したいとなれば値段設定は高くなります。

 

逆に低価格をウリにしてマメに通ってもらおう

と考えているお店もあります。

 

施術時間

 

美容院の価格設定は施術時間を目安に考えられることが多いです。

 

例えば

カット5000円のお店の場合

1人のお客様のカットにかける時間は1時間

時間単価5000円

 

カット2500円のお店の場合

1人のお客様のカットにかける時間を30分にしている

結果、時間単価5000円

 

こういう仕組みになっています。

 

結局、時間単価にしたときにどれくらいの売り上げが出るのかを考えています。

 

1000円カットが10分と時間を決めているのは非常に分かりやすい例ですよね。

 

そのため、価格が安いサロンは施術時間が短いと思っておきましょう。

 

 

1人の美容師が切るお客様の数

 

基本的に美容師というのは人気が出てくると「指名料」を頂くようになったり、特別料金というものになっていきます。

 

人気になるにつれて徐々に価格が高くなっていくのです。

 

また、人気が出てくると1人のスタイリストで何人ものお客様を同時に施術することがあります。

 

それをアシスタント(見習い)に手伝ってもらいながら仕事するわけですが、その子の給料分も稼がないといけなくなるので、料金が高くなります。

 

逆に、スタイリストがマンツーマンで施術をしてくれる美容院は基本的に価格が安めになっていることが多いです。

 

メニュー料金の相場

 

メニュー料金の相場です。

 

地域によって多少は違いますが、参考になればと思います。

 

  • カット 4000円
  • カラー 6000円
  • パーマ 9000円
  • 縮毛矯正 10000円
  • トリートメント 3000円

 

このあたりでしょう。

 

カラーやトリートメントなど最近はブランド化しているものがあり、価格が高くなってきています。

 

カラーなら、非常に発色効果の高い「イルミナカラー」や「スロウカラー」

トリートメントでは、補修効果の高い「TOKIOインカラミ」や「Oggi Otto」などが有名ですね。

 

 

どの価格帯の美容院がオススメ?

 

美容院による値段の違いは分かったけど、結局は安い方が良いの?

 

前に安い美容院へ行って失敗されたから、やっぱり値段が高い美容院へ行くべきなのかな?

 

 

結論を言うと、美容院の良い悪いは値段の高い安いではありません。

 

 

そのため、美容院を探す時に

高いから絶対安心!

安すぎるからやめておこう・・・

という考えはやめましょう。

 

 

価格帯の安い美容院であるほど、短時間で施術してくれることが多いです。

美容院へ行く時間や予算をなるべく抑えたい方には非常にオススメです。

 

 

逆に、高い美容院ではしっかりとカウンセリングしてくれたり、時間をかけて施術してくれることが多いので、しっかりと話を聞いてほしい人や美容院へ行く時間を楽しみたい人にはオススメです。

シャンプーもすごく時間をかけてくれたりして気持ちいいですよね。

 

 

もちろん、人気の美容師・美容室になると料金が高いかもしれませんがそれだけの信頼性もあるし技術も高いという安心感があるでしょう。

 

しかし、料金の高いお店でもお世辞にも上手とは言えない人もいます。

 

1000円カットでもめちゃくちゃキレイにかとしてくれる人もたくさんいます。

 

 

 

特に、カットに関しては値段よりも通いやすさや美容師さんとの相性で決めるべきでしょう。

 

カラーやパーマ・トリートメントに関しては美容師さんの技術もそうですが、そのお店の薬剤によっても大きな差が出てきます。

 

どれだけ上手な美容師さんでも、使う薬剤によって仕上がりの限界があります。

 

特にヘアカラーやトリートメントは自分のなりたいイメージに合わせて必要なものを置いている美容室を選ぶべきでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

今回は値段の高い美容院と安い美容院の違いについて解説しました。

 

価格の高い・安いは技術力ではなく

サービス内容・技術にかける時間の違い

と思っておきましょう。

 

実際。ぼくはカット2000円の美容室でも働いていたし

カット5000円の美容室でも働いていました。

 

しかし、仕上がりに差はありません。

それよりも時間のかけ方やシャンプーなどのサービス内容が違っていました。

 

 

●これから美容院を探そうとしている人

●変えようか悩んでいる人

 

は、美容室の雰囲気や口コミを見るのが一番良いでしょう。

 

 

今回の価格帯に関しての内容も、美容院を選ぶときに参考になればと思います。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました