失敗しない髪型のオーダー方法【美容師が教える伝わりやすい頼み方】

コラム
スポンサーリンク

こんにちは!

にしげんです。

 

どの美容院へ行っても満足する髪型になったことがない・・・

美容院に行ったけど、思ったよりも暗い色にされた・・・

 

こういう経験ありませんか?

 

この原因は、美容師の技術不足もあるでしょう。

 

しかし、もしかしたら髪型のオーダー方法のせいかも!?

 

なりたい髪型・イメージをどのように伝えるかによって、仕上がりは大きく変わります。

 

今回は、失敗しない髪型のオーダー方法を紹介していきます。

 

 

本記事の内容

  • 美容院での髪型のオーダー方法
  • 美容師との相性
  • 理想の髪型になるためのポイント

 

これらのポイントを美容師目線で解説していきます。

 

美容院へ行ったときに上手く伝えられない・・・

という方にとって参考になるでしょう!

 

 

この記事を読む前に

 

行きたい美容院が決まっていない

という方はコチラの記事を参考に

 

 

 

スポンサーリンク

失敗しない「髪型のオーダー方法」

 

失敗しない髪型のオーダー方法は3つあります。

 

失敗しないオーダー方法
  • ヘアスタイルを複数枚用意しておく
  • 自分が過去にされて嫌だったことを伝えておく
  • 髪の毛のクセや悩みをしっかりと伝える

 

この3つを最初のカウンセリングの時に伝えるか伝えないか

これだけで仕上がりは大きく変わります。

 

ヘアスタイルを複数枚用意しておく

 

なりたい髪型のイメージを伝えるのはめちゃくちゃ難しいですよね。

 

思っていた髪型にならない理由の1つに

仕上がりのイメージが伝わっていない

ということがあります。

 

そんな時にヘアスタイル写真を用意していると美容師さんに何も言わなくてもイメージを伝えることが出来ます。

 

正面だけでなく、横や後ろの写真など、最低3枚以上

1種類だけでなく、いくつか候補を考えておく

 

このようなヘアスタイル写真を用意しておくとベストです。

 

髪型の写真はGoogleやインスタグラム、ホットペッパービューティーなどで検索できます。

 

芸能人や有名人の写真でもOKです!

 

中にはアニメのキャラクターの写真を持ってくる人も!

なるべく具体的な方が良いですが、それでも全然良いですよ!

 

 

 

自分が過去にされて嫌だったことを伝えておく

 

量を軽くして欲しいと思ったらスカスカにされた

暗めのカラーをお願いしたら真っ黒になった

 

など、過去にされて嫌だった事を伝えておきましょう。

 

伝えておけば、同じような失敗をされる事はないでしょう。

 

 

髪の毛のクセや悩みをしっかりと伝える

 

クセや悩みを伝えるのは非常に重要です。

 

常連になっている美容室では問題ないかもしれませんが

特に初めての美容院では、自分の髪の毛のクセや悩みを全て分かってくれることは少ないでしょう。

 

美容師は

  1. お客様のなりたいイメージ
  2. 髪の毛のクセや悩み

を合わせてその人に合わせた切り方や髪型を提案してくれます

 

そのため、自分の髪の毛のクセや悩みを伝えておくことでより失敗なく理想の髪型に近づけることができるでしょう!

 

クセでの広がりが気になる

カラーが明るくなりやすい

部分的に白髪があるのをカバーしたい

トップがぺたっとする

 

など、様々な悩みがあると思います。

 

特に気になるところがあれば必ず伝えましょう。

美容師もそれに合わせた解決策や提案をしてくれます。

 

とにかくしっかり伝えなければ理想の仕上がりにはなりません。

 

 

失敗しやすいオーダー方法

 

逆に、美容師さんに伝わりにくいオーダーは避けましょう。

 

失敗しやすいオーダー方法
  • 伝え方が曖昧
  • 分かりにくい写真

 

伝え方が曖昧

とりあえずボブにしてください。

アッシュに染めてほしい。

などのザックリした伝え方だけでは上手く伝わりません。

 

同じボブでも

●どれくらいの長さにするのか

●クールなボブが良いのか、可愛い雰囲気のボブにしたいのか

●軽めにしたいのか、重くしたいのか

など、様々です。

 

これらを口で全部説明するのは難しいです。

写真を見せながら具体的に伝えましょう。

 

分かりにくい写真

 

●部分的にしか写っていない

●加工されている

●画像が荒い

 

美容師側が分かりにくいので、こういった写真は避けましょう。

 

 

美容師との相性が大事

 

理想の髪型になるために美容師との相性は大事です。

 

 

接客

  • 会話の波長が合う
  • いつも気分良く過ごせている
  • 話を聞いてくれる

 

技術

  • 思っているイメージに近い仕上がりになっている
  • 自分好みの感覚をイメージ通りに仕上げてくれる。
  • 髪型の提案をしてくれる

 

このあたちが上手くいっていないと感じる場合は、美容師との相性が良くないかもしれません。

思い切って違う美容院へ行ってみるのもアリです。

 

 

こんな美容師には注意

 

カウンセリングをしない

 

どんな感じにするかをザックリ答えたらあとはすぐにカット開始!

全く話を聞いてくれない。

 

もちろん、それで理想の仕上がりになればその人はカリスマ美容師かもしれません。

 

しかし、基本的にはちゃんとお互いに仕上がりのイメージや髪の毛の事を共有できていなければ理想の仕上がりにはなりません。

 

 

オーダーした髪型にケチをつけてくる

ヘアスタイル写真を見せても

これはあなたの髪の毛じゃ無理

このスタイルは今っぽくない!ダサい

って言ってくる美容師もいます。

 

こうなりたい!って思って写真を調べて持ってきたのに否定されるとショックですよね?

 

もちろん、本当にできない場合もありますが

お客様の事を考えてくれる美容師なら、近い髪型の提案をしてくれたり、その髪型に近づけるための方法を紹介してくれます。

 

 

理想の髪型になる為のポイント

さらに理想の髪型になるために美容師に伝えておいた方が良いポイントを紹介します。

 

ポイント

  • 同じ美容師にお願いする
  • 自分の性格・好みを伝える
  • 切らないでほしいところを伝える
  • スタイリング剤を利用する

 

同じ美容師にお願いする

同じ美容師に何度もお願いすると、髪の毛のクセや好みなどを分かってくれるので、より理想の仕上がりになります。

 

1度目で完全に満足しなかったとしても、3回は来店してみましょう。

 

 

自分の好みを伝える

自分の好みを伝えておくのもオススメです。

例えば

田中みな実や深田恭子が好き

というのを伝えておくと

そういった雰囲気や髪型が好きなのかなー

という印象になるので、髪型を寄せてくれます。

 

 

切らないでほしいところを伝える

 

ヘアスタイル写真通りに切られてると、

 

確かに写真通りなんだけど、思ったより短い、、

 

となることがあります。

 

特に顔周りなど、気になるところは長めにしてほしい!

と事前に伝えておきましょう。

 

 

スタイリング剤を利用する

 

ほぼすべてのヘアスタイル写真はスタイリング剤を使用しています。

 

そのため、理想の仕上がりになるためにはスタイリング剤やスタイリング方法も教えてもらいましょう。

 

なるべく美容師が使っているのと同じスタイリング剤を使うのがオススメです。

 

まとめ

 

髪型のオーダー方法を紹介しましたが

なんとなく理想の仕上がりになりそうな気がした方もいると思います。

 

実際、髪型のオーダー方法次第で仕上がりは大きく変わります。

 

ぶっちゃけ話ですが、美容師目線でもそう感じます。

すごく分かりやすく伝えてくれる人もいれば、正直分かりにくい人もいます。

 

美容師側が努力すべきところなんですが、お互いのイメージを共有するのは本当に難しいのです。

 

思っていた通りの髪型にしてもらえると、美容院へ行くのがすごく楽しい気持ちになります!

 

ぜひ髪型のオーダー方法をやってみましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました