シャンプーによる頭皮や髪への影響【間違った洗い方・気をつけるポイント】

ヘアケア
スポンサーリンク

こんにちは!

にしげんです。

 

 

シャンプーって毎日めんどう・・・

正直、やる意味あるのかな?

 

1日くらいサボっても大丈夫だよね?

という方へ

 

シャンプーというのは頭皮や髪の毛にとって大きな影響を与えます。

 

 

今回はシャンプーは髪や頭皮にどんな効果があるのか?

 

また、頭皮や髪に悪影響を与える可能性のある間違ったシャンプーの仕方と改善方法などを紹介します。

 

 

本記事の内容

  • シャンプーの効果・頭皮や髪への影響
  • 間違った洗い方
  • シャンプ―で気を付けるべきポイント
  • 洗うのが苦手な人にオススメのシャンプー

 

今日からあなたのシャンプーが変わって髪や頭皮がより健康になるための参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

シャンプーによる頭皮や髪への影響

 

シャンプーというのは髪の毛を洗う事。

当たり前やん。

って思うかもしれませんが、これを軽く考えている人が非常に多いのです。

 

 

分かりやすく例えるなら、「歯」と一緒です。

 

歯は毎日磨きますよね?

 

磨かないと虫歯になるので、そうならないように歯に気を使っている人は多いです。

 

歯を磨かないと

 

歯ぐきが痛くなったり、口臭が気になったり

 

本当にひどい場合は歯が無くなることもありますよね?

 

 

しかし、髪の毛に関してはそこまで気にしてる人が少ないのです。

 

 

髪の毛も歯と一緒で毎日のケアで大きく変わります。

 

毎日ちゃんとケアしなければ、どんどん髪は弱っていきます。

 

弱っていくと、抜け毛や切れ毛の原因になります。

 

そのための大切なのが「シャンプー」です。

 

いわば歯磨きなんです。

 

それを正しくやってますか?

 

間違った方法でやってる方が多いので、今日から改善しましょう!

 

というのが本記事の内容です。

 

 

意外と多い!間違った洗い方

シャンプーの洗い方でそんなに変わるの?

と思う方も多いです。

 

実はめちゃくちゃ変わります。

 

洗い方やシャンプーを変えることで髪の毛や頭皮はすごく健康的になります。

 

まずは、絶対にやってはいけない間違った洗い方を紹介します。

間違った洗い方

 

  • シャンプーを使いすぎている
  • 爪を立てている
  • トリートメントを根元からつけている
  • すすぎが少ない

 

こういった間違った洗い方をしていると、髪や頭皮を傷つけてしまうことがあります。

 

シャンプーを使いすぎている

シャンプーする時にいつも泡立たない・・・

という人けっこういます。

 

そういった方のほとんどが、3,4プッシュ・・・

 

なんならもっと使っています・・

という方もきいたことがあります。

 

それがダメなわけではないんですが、ぶっちゃけコスパ悪いです。

 

 

泡立たないときは

  • すすぎが足りていない
  • 髪に汚れ・皮脂が残っている

のが原因です。

 

その状態の髪にシャンプーをたくさん付けても泡立ちません。

 

 

シャンプーはロングの人・髪の量がすごく多い人でない限りは基本1プッシュでOKです。

 

  1. 1プッシュつけて泡立てる
  2. 泡立たなければ一度すすぐ
  3. 再び1プッシュつけて泡立てる

 

これでしっかり泡立ちます。

 

シャンプーの量も減らせますし、余分なシャンプーが頭皮や髪に残りにくくなります。

 

 

爪を立てている

 

爪を立てて洗うのもNGです。

頭皮が傷つき、フケなどの原因になる場合があります。

 

他にも頭皮や髪をしっかり洗うことは大切ですが、必要以上に強い力で洗ったりするのも控えましょう。

 

指の腹で優しく揉み込むように洗うのがベストです。

 

ただ、女性の型は男性と比べて力が弱かったり、髪の量が多い人は地肌までしっかり洗えていなことがあります。

 

その場合は少し強めに洗う、もしくはシャンプーブラシを使うのもオススメです。

 

 

シャンプーブラシを使うと頭皮や髪がすごく綺麗になりますし気持ちいいですよ!

 

トリートメントを根元からつけている

 

トリートメントを髪の根本付近からつけるのもNGです。

べたつきや髪が乾かなくなるといったことが起こります。

 

髪の毛は毛先にいくにつれて乾燥・パサつきを感じます。

毛先からつけていきましょう。

 

また、トリートメントの付け過ぎやすすぎ残しがあると

髪の毛がべたついたり、ダメージの原因になります。

 

 

すすぎが少ない

 

すすぎ残しがあることが髪の毛や頭皮にとって最も悪影響があります。

 

特に、シャンプー剤のすすぎ残しは最も良くないと言われています。

 

シャンプーした後はすすぎ過ぎかな?と思うくらいしっかりとすすぎましょう。

目安としては30秒以上を意識しましょう。

 

トリートメントの後は流し過ぎると手触りが悪くなるので、軽く流す程度がオススメです。

 

 

意外と知らないこともあったのではないでしょうか?

このように、間違ったシャンプーをしている人は多いのです。

 

これで今日から正しいシャンプーができます!!

 

 

では、次にシャンプーで気を付けるポイントを紹介します。

 

 

シャンプーで気を付けるべきポイント

 

シャンプーの方法が正しくても、気を付けなければいけないポイントがあります。

 

それはこの3つ

 

  • 自分の髪や頭皮に合ったシャンプーを使う
  • シャンプーは夜にする
  • トリートメントを使いましょう

 

 

このポイントを知っておいて改善することで、より髪や頭皮の状態が健康的になります。

 

自分の髪や頭皮に合ったシャンプーを使う

 

シャンプーには様々なものがあります。

 

自分の髪や頭皮の状態にあったシャンプーを使わなければ、髪や頭皮に悪影響が出ることもあります!

 

実は自分の髪の状態に合っていないシャンプーを使っている方が多いです。

 

 

最も多いのが、ノンシリコンシャンプーの例

なんとなく流行っているからノンシリコンシャンプーを使っています。

という方がめちゃくちゃ多いです。

 

 

しかし、ノンシリコンシャンプーは髪の油分を落として髪の毛がパサつきやすくなるので、カラーやパーマをしている髪にはオススメしません

 

 

カラーやパーマをしていて髪のパサつきが気になる方は、カラー用シャンプーやオイルシャンプーなどを使用するのがオススメです。

 

このように、自分の髪や頭皮の状態に合わせたシャンプーを使いましょう。

 

 

 

 

べたつきやすい方

  • スカルプシャンプー
  • ノンシリコンシャンプー
haru(ハル) 100% 天然由来シャンプー 400mL
haru(ハル)

 

 

 

 

上記に当てはまらない方は基本的なシリコンシャンプーで良いでしょう。

 

例:パンテーンやTSUBAKI

 

 

買ってみたいシャンプーがノンシリコンシャンプーかどうかは

商品名でググればすぐに分かります。

 

また、同じノンシリコンのシャンプーだからと言って、どんなものでも自分の髪に合う!というわけでは無いです。

商品によって内容成分・効果は様々なので、あくまで参考程度にしてください。

 

 

シャンプーは夜にする

 

シャンプーは基本的に夜にしましょう。

朝シャンも良いですが、夜寝る前に頭皮環境をキレイにしておくのがオススメです。

 

寝ているときに汗をかくから朝シャンプーしたい!!

という方もいると思います。

朝洗うのが悪いわけではありませんが、洗い過ぎには気を付けましょう。

 

洗い過ぎると頭皮や髪の油分を必要以上に落とし過ぎてしまいます。

その結果、頭皮の皮脂分泌量に異常が出ることもあります。

 

夜も朝も洗いたい!という場合、朝はお湯ですすぐだけにしましょう。

 

 

トリートメントを使いましょう

 

シャンプー後に髪につけるものとして

  • リンス
  • コンディショナー
  • トリートメント

の3つありますよね?

 

結論:トリートメントを使いましょう

 

トリートメントはコンディショナーやリンスの効果もあわせもっています。

 

そのため、トリートメントを使うのが一番コスパが良いです。

 

特に髪の毛をキレイに伸ばしていきたい方は絶対にトリートメントを使いましょう。

 

 

まとめ

 

今回はシャンプーが髪や頭皮に与える影響について解説しました。

 

きっと初めて知ったことも多いと思います。

 

シャンプーは毎日するものなので、より効率よく正しい方法ですると髪の毛や頭皮は健康的になります。

 

 

また、シャンプーやトリートメントを購入する際に自分の髪の毛や頭皮に合っているのかを調べてから買ってみましょう。

それだけで仕上がりは大きく変わります。

 

販売されているシャンプーの種類は非常に多いので、色々試されるのもオススメです。

 

今日からのシャンプー・トリートメントが変わってよりキレイで健康的になれば嬉しいです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました